特派員紹介

ドクター

無修正、パイバスターを指揮するドクターとは彼のことである。調査に必要な機材や資金を提供してくれる凄い人なのだ。とにかくぼかしを嫌い一番見たいあの部分を隠さずに全て見せてくれる貴重なサイトの調査に余念がなく、毎日のように特派員たち各地に派遣している。しかし、その間に彼は何をしているのかと言うとクーラーの効いた涼しい部屋でお気に入りの作品を見ながら楽しんでるだけだったりする。なんとも他力本願な性格であるが、前向きな考え方をするならそれだけ彼らのことを信頼してるとも言えるだろう。

タツジ

みんなをまとめ困難なことにも率先して立ち向かうリーダーのタツジ。とても情熱的な精神を持ち何事にも全力で打ち込む最近では珍しい物凄く真っ直ぐな心をした男だ。しかし、彼は他のメンバーの何倍も無修正に目がなく自分のツボを刺激するコンテンツに遭遇すると我を忘れてしまうことがあるのが玉に傷である。だが、それは男の性というものであり治そうと思っても簡単にはいかないので少しだけ多めに見てあげて欲しい。

おなっぺ

おなっぺは、自分は破廉恥なことには全く興味がなく清純系の女の子であると周囲に自称してるが、彼女がとっても助平なことは既に全員に知られてしまっている。そのため、調査中に赤面させて恥らう姿を見せたり、あまりにも過激な作品と遭遇したときなどは顔を手で覆ったりと女心をアピールしてるのだが残念ながら効果が全く無いようだ。しかし、当の本人はかなり手ごたえがあると感じているらしく、彼女は自分をもっと清楚なイメージに仕立て上げようと今日も新たな作戦を考えている。

チンペイ

坊主頭とほっぺたのなるとのようなうずまきがトレードマークの彼の名前はチンペイである。コレといって特徴がなく早くキャラを確立しようと頑張ってはいるが、まだまだ一番印象の薄い立場から抜け出すことは難しそうである。でも、彼がいなかったらそれはそれで寂しいはずなのでこれからも温かい目で見守ってあげて欲しい。もちろん、チンペイもまた無修正をこよなく愛する立派なメンバーの一人なのだ。ただ、今は調査よりも個性が薄いことを気にしすぎてキャラの確立に躍起になってしまっているのもまた事実だ。

マンさん

四六時中、骨付き肉を片手に持つ食いしん坊なマンさん。彼の食欲は人間の三大欲求の中で最も優先されるため無修正を嗜む時も肉を食うのを決してやめない。しかし、そんな彼が食べることを忘れて見入ってしまうほど魅力的なチャンネルが存在したとの噂がある。このように、どんな趣味を持った人でも夢中にさせる番組が必ずあるので探してみて欲しい。また、特派員の中では最年長のためどんな時も冷静に立ち振る舞い、時にはメンバーの暴走を止めることもある頼れる奴なのだ。